【世の中金?】お金にまつわる怖いお話。

      2017/06/07

 

どもざわいしですー

昨日は深夜の1時から3時までテニスをしていて更新できませんでした。ごめんなさい

 

しかし運動はいいですね!毎日大学とスロットで

運動する機会がないので、、

 

みなさんも健康には気を付けて!!(先日血便がでました。

 

今日はバイト時代にあったこわーいお話。

 

ほんま、人間不信になるで、、

 

スポンサードリンク

/center>

金の切れ目が縁の切れ目

 

「金の切れ目が縁の切れ目」

昔の人は本当にうまいことを言うもんで

まさにその通りになったお話。

 

当時、スロットで稼ぎながらバイトもしていたとき

一緒に働くとっても仲がいい先輩がいました。

 

休憩が被ったら必ずご飯を一緒に食べて

バイトが終わったら一緒に打ちに行ったりする仲でした。

 

先輩っていう感じもしなく友達感覚で接していて

言動も面白く仕事もできる。

周りからの信頼も厚く、僕自身も尊敬していました。

事件当日

 

そんなある日、朝の開店をする役目が

僕とその先輩、主婦の3人でしていて

お金の管理が僕

先輩は厨房

主婦はホールといった配置。

 

朝、金庫を開けようとすると鍵が開いていて

夜の人が閉め忘れたのかなーと思いそんなに気にしないで作業を進めていく。

 

その時に雑費用のお金3万円を数えなければいけないが

早く仕事を終わらせたいので数えないことが多かった。

 

そのままいつも通り仕事を終わらせ

先輩が大学に行くため退勤。

 

僕は残って仕事をしていた。

その時もいつものように

冗談を言ったりしながら談笑して先輩は店を後にする。

お金が消える

 

先輩がいなくなってから一時間後

社員が金庫のお金を確認していると

 

社員「雑費がない!!!」

 

僕は朝、確認していない。

そして、今日のお金の管理は全部僕。

 

当然、疑われる。

 

社員より偉いマネージャーもきて大騒ぎ。

 

ゴミ箱を探したり、機械の下

ありとあらゆるところを探しても見つからない。

 

先輩に電話してもつながらない。

 

そのまま、落ち込みながらも仕事をして

ようやく終わるときに先輩から電話が来る。

 

いろいろ事情を説明して

先輩が店に来るということに。

この電話が今まで5年間の付き合いで最後の会話になります。

犯人は、、

 

先輩が店にくると、何も言わずに

店長とマネージャーと3人で個室に行く。

 

その時は一ミリも先輩を疑っていませんでした。

 

しばらくすると店長に呼ばれ個室に行くと、、

 

マネージャー「先輩がお金を盗みました。みんな、特にざわいし、疑って本当にすまない」

いつもは怖いマネージャーが泣きながら僕に頭を下げたのを今でも覚えています。

 

先輩がお金を盗んだショックと

マネージャーに頭を下げさせてしまった自分の不甲斐なさで

 

号泣します。

子供のころにもこんな勢いで泣いたことないくらい泣きました。

 

その後、家に帰って状況を整理すると、

 

・朝僕が行くより前に出勤してその間にお金を盗んだ

・僕がいつもお金を数えないのでばれない

・お金を管理するのが僕の時に行えば、ばれない

 

つまり、僕に罪を擦り付けようとしたってわけです。

毎日僕と働いているので行動パターンを覚えてタイミングを見計らっていたということ。

 

その時は受験するぞ!といって

先輩にいろいろ相談とかもしていた時期でした。

 

いやーショックでしたね。

しばらく食欲もなくなって元気もなくなりました。

 

こうして衝撃の一日が終わり

それ以降、先輩とは一度も会うことはありません。。これからも

 

 

お金大事。でもそれ以上に

 

どうでしたか??

スロットをやっているとどうしても友達間でのお金のやり取りが出てくると思います。

 

私生活でも貸したり借りたりと。

 

お金のやり取りは慎重になったほうがいいですよ。

いままでの繋がりが一瞬で消えます。

 

お金も大事ですがそれよりも重要なのが人とのつながり。

 

今回の話で皆さんがこんな目に遭わないことを願います。

 

すこし暗い話になりましたが

今日はこのへんで!!

 

盗み、ダメ!!ゼッタイ!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

 - 昔話